読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Freeモナドを使っている方、あるいはこれから使う方へ

FreeモナドのベースとなるFunctorは、GHCのDeriveFunctor拡張を使って、対象のデータ型にderiving Functorをつけることで

自 動 生 成

できます。

{-# LANGUAGE DeriveFunctor #-}
import Control.Monad.Free

data CharIOBase a = GetCh (Char -> a) | PutCh Char a | EmbedIO (IO a) deriving Functor

type CharIO = Free CharIOBase

とすると、

https://github.com/ghc/ghc/blob/ghc-7.6.2-release/compiler/typecheck/TcGenDeriv.lhs#L1407 の規則に従い、

instance Functor CharIOBase where
    fmap f (GetCh g) = GetCh (f . g)
    fmap f (PutCh c a) = PutCh c (f a)
    fmap f (EmbedIO m) = EmbedIO (fmap f m)

のようなインスタンスが生まれます。